夏、ひたちなかで磯遊びを楽しむ。小さな子供でも楽しめてお勧め!

お出掛け情報
スポンサーリンク

今年もひたちなかの海に磯遊びに行ってきました。最近一番行く海、ひたちなか。東京方面から高速で行ってもそんなに渋滞しなくて良い場所でお気に入りです。今年は3回行きましたがまだまだ行きたいなあと思っています。

ひたちなかの海で磯遊び

ひたちなかの海は、岩がなんともユニークで個人的に好きです。実家の方の御前崎の海とも違う何とも言えない岩の形。

これは、潮がひいいてるところ。↑

こちらは、潮が少し満ちているところ↑

磯遊びができるところは、海岸線全部ですね。潮が引いていればどこでも可能です。

潮が満ちているときは、海で泳いでいる人もいますが、ちょっと危ない感じです。上の写真は少し引いている状態でこのような状況でも、どこかしら岩が出ていて魚がいるので磯遊びは可能でした。

このくらい潮が引いていると、小さな子供も十分遊べます。

時々、大物にも出会えます。このカニも大物です。

最近凝っているのは、海老です。子供が海老が大好きで一生懸命取っていて、私もどこにいるのか分かってきました。

海老は、このように海藻がある場所に潜んでいます。

カニやヤドカリ、ハゼもかなり沢山います。

私も磯遊びが大好きなので、子供そっちのけで魚やエビを取ってます。

淡水でなく、海の生きものですので流石に持ち帰りませんが、見ていても可愛いし良いですよね。

網も沢山の種類を用意していきます。バケツも同様で子供2人いるので2つ持っていきます。また生き物を観察するには、こういう透明のケースもあると便利です。真横から観察できますし・・・

バケツも網も折り畳み式で便利です。海外旅行でタイに行った際にも持っていき、現地で磯遊びしました。とても楽しかったです。

場所は?

この近くが遊べるところです。この近辺の2-3kmは遊べそうです。ひたち海浜公園からも近く、帰りにふらっと立ち寄ることも可能です。4月あたりからは少し寒いけど遊べるし本当に楽しめる海です。

干潮満潮の時間を調べてから行きましょう

気象庁 | 潮汐・海面水位のデータ 潮位表 大洗(OARAI)
気象庁が提供するページです

干潮時の2時間前くらいから遊べます。ただし、先日台風15号が来る2日前に行ったら、潮が引きませんでした。状況はいろいろその時々で違うので注意しましょう。また、春が一年で一番潮の満ち引きの差が大きいそうです。

持ってくと便利なもの 持ち物一覧

とくにこの↑2つはあると便利です。

また、ピンとこないかもしれませんが、防水ケースがあると良いです。私もスキューバーダイビングしている際は良く持って行ったアイテムです。これは、車のカギを入れるのに良いです。また、携帯電話も持っていきたい場合はこれに入れると良いと思います。 こういうものです。↓

車のカギは、今はスマートキーも多く、電池が入ってますから水に濡れると大変です。私もスマートキーから鍵だけ抜こうとしたのですが、車がカギが車内あると誤認識したので、こういう防水ケースもあると良いです。実際、先日海にぽちょんとカギを落としてしまいました。

ただ、まあ今のところ動いてますが、電池がさびて使えなくなったらどうしようとも思っています。

あとはこんな胴長があれば1年中楽しめますよね。うちは買おうかと思っています。だいたい4000円から5000円ほど。意外に安いんです。

さいごに

まだまだ今年も行きたい磯遊び。海の生物を取って、手で触れて・・・そんな自然と触れ合うのが大好きです。

関連記事はこちらも

コメント

タイトルとURLをコピーしました