千鳥ヶ淵の桜とボートはコスパ最高のアクティビティ!!

お出掛け情報
スポンサーリンク

今年初めて千鳥ヶ淵の桜を見に行きました。実は行くのは初めてで、お恥ずかしいことに、鳥ヶ淵そのものを間違えてしまいました。テレビで見るものとは違うなあと調べなおしたところ、やはり間違えていてショックでした。

私の様な人は少数ですが、いるんでしょう・・・気を付けてくださいね。

千鳥ヶ淵の桜は最高だ!

何が良いって?見たらわかるように、桜がお堀に張り出さして、お堀の水面に桜が写り、その中をボートを漕ぐことができるというのが良いですね。ボートを含めて写真に収めるのも良いですし・・・

桜が大好きで、独身の頃は桜前線に合わせて移動し写真を撮ったり、桜を楽しんでました。

その後も転勤族ということもあり、いろいろなところに行きましたが、吉野の桜も素晴らしかったけど、この千鳥ヶ淵の桜は、混雑する理由が分かるくらい、本当に素晴らしい!と思います。

桜だけで写真を撮るより、個人的にはボートが居る方が素敵な気がします。

と言っても、写真だけ見ると静かそうに見えますが、物凄く遊歩道は混んでいて大変なことになってますからね。私も写真撮るのは一瞬で子連れで手をつないで歩いているし、必死です。

遊歩道も歩いてみると、色がある場所もあったりして、のどかな日本の春を満喫出来て幸せになります。

千鳥ヶ淵に来たらボートに乗ろう!

お堀をボットに乗って楽しめるのは知ってはいました。でも混んでいるだろう?確かにそう思いました。インターネットやTwitterで調べたところ、MAX待ち時間は1時間30分。なら待てるなあと思って並びました。

まずは平日に行きましたが、1時間30分待ちと言われて並びましたが、結果的に40分ほどで乗れました。

料金は30分で800円。1時間で1,600円でした。私は1時間で手漕ぎボートをお勧めしたいです。屋根のない船ですから春の風を感じ、桜の香りを感じ、素敵な時間を過ごせました。

子供と一緒に乗りましたが、桜と一緒に写真が撮れて素敵です。お勧めです。

このあと、日曜日にも行きましたが、日曜日の方がすいてました。ボートにまた乗りましたが、ここでも30分くらいの待ち時間で乗れました。そしてこの時は、子供の希望で足漕ぎボートに乗りました。このボートは漕ぐのは簡単で30分で十分です。ただ、風情は感じられませんでした。

こちらの写真が曇りの日です。↓

さて、最後に初めて千鳥ヶ淵に行って反対の方を歩いてしまったのですが、その写真はこちら。

綺麗ですけど、ただの桜です。その日は携帯のパケットを使いすぎて、スピードが遅くなってしまっていたので、現地について調べなかったんですよ。

でもそのせいで、こんなことに・・・・桜の時期はNHKのニュースでも千鳥ヶ淵の様子を放送しますから・・・家に帰ってきてニュースでまた見て違うと確信しました。やっぱりおかしい!と思ったんですよ。

千鳥ヶ淵を楽しむには?

下車する駅は、九段下駅はやめましょう。近いのですが、混雑しすぎて入場規制もあり、遠目でみていても恐ろしいくらい混んでますよ。

半蔵門駅で下車し、10分くらいでお堀まで着きます。ボート乗り場はさらに10分ほど歩くと着きます。また、半蔵門から歩く場合、左に向かうということを忘れないでください。私たちは、お堀が見えた後、混んでいるのを理由にお堀に沿って右側を歩いてしまいました。これは間違いです。

トイレも混んでますので女子は特に、駅のトイレで済ませていくべきです。

さいごに

今まで40年ほど生きてきて、もともと東京には日帰りで遊びに来られる場所に住んでいたのに、千鳥ヶ淵を知らなかったなんて・・・ショックすぎます。私は混んでいる場所嫌いですが、大好きな場所になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました