2019年8月 あけぼの山農業公園のヒマワリは満開!しかし、今年は小さめの花みたい・・・

お出掛け情報
スポンサーリンク

2019年夏。今年も柏市にあるあけぼの山農業公園のひまわりを見てきました。今年は雨が多く生育が遅れましたが、結果的に8月目前にいつも通り大きなひまわりの花を見せてくれました。

2019年夏 あけぼの山農業公園のひまわりは?

例年だと7月20日過ぎたら綺麗に咲いているんですが、今年は7月24日に来てみたら、まだ花の色が薄く、小さくてひょろっとしてましたね。

7月25日、26日に行くと一気に元気になり、色も鮮やかになりました。この時期はほんの数日でも違うんですね。

今年のひまわりは、少し小さめです。雨のせいですね。

脚立を使わないとひまわりの撮影はつまらない・・・

先に脚立を使わないで撮影したものを載せます。これです。↑

花は上を向いているので、一本一本撮影するならいいんですけど・・・

やはり花は太陽の向きに咲くので、こうでないと!!!!

こちらは、脚立を使ったものです。

ひまわりを見下ろす感じで撮影できるので、奥行きもでて、ひまわり畑!!って感じになりますね。

人物を入れて撮影するのも三脚が役立つ

顔を隠しましたが、こちらは、三脚に子供を載せて撮りました。いろいろな意味で役にたちます。

少し上から撮影したら、こんな風にひまわりの海になりました。こういうのも面白いかもしれません。

朝早ければ、セミの羽化も見られる!

朝早いと、セミが地上にいます。セミが蛹から出てくる瞬間はなかなか見られないので、子供にとってもいい経験になりますね。

このようにセミが蛹で地べたを移動しており、かなりの数のセミが羽化しようと頑張ってました。

さて、今年のひまわりの色も大きさも小さめですが、どうしたら綺麗に写真に収められるんでしょう?

ヒマワリの海を撮る場合

DSC04891
DSC04887

このようにヒマワリだけをフレームいっぱいに入れると、ヒマワリの海みたいに素敵な雰囲気にもなります。

これは、脚立を使っています。お勧めなのは、2段ではなく3段のタイプ。少しの目線の変化でこんなに写真の雰囲気が変わるんですね。

青空と一緒だと、こうなります。青空と一緒に撮るときにも、ちょっとしたことでより一層綺麗に撮れます。

DSC04890

それは、早朝、行くことです。これは写真の世界では当たり前の話なのですが、朝早く撮る方が、空気も澄んでいて写真を撮るのに向いています。この撮影は6-7時に撮影しています。

自然光を利用して撮影するのに、影や色温度も関係するのですが、色温度って何?と思いますよね。

色温度って?

光の色味を温度にたとえて表現したものが「色温度」です。「ケルビン値」として数値であらわされます。 色温度の計測には色温度計が用いられます。

下の図は、パナソニックのサイトに掲載があるのですが、このように色温度が高いと青く、色温度が低いと赤くなっていきます。

朝焼け、夕焼け時間にヒマワリを撮影すると、赤っぽいヒマワリになるっということですね。

iro-onndo

写真出典:http://av.jpn.support.panasonic.com/support/dsc/knowhow/knowhow31.html

好みもあるので、この表のイメージを忘れずに写真を撮ると、あとから写真を加工する手間も省けます。

もちろん、この色温度も写真のRAWで撮影すれば、後から色のかぶりを修正したりすることも多少可能です。一眼レフや上級のコンデジカメラなら、RAW撮影も可能です。

さいごに、あけぼの山農業公園の駐車場ですが、⑤は朝でも開いています。

akebonoyama-1

関連記事はこちらも

2017年柏のあけぼの山農業公園コスモスの見頃は今!!10月14日はお祭り!!みんなで出かけよう!
今が見ごろの柏のあけぼの山農業公園のコスモス。今週末の10月14日(土)には、「あけぼの山農業公園まつり」も開催されます。子供も楽しみしています。コスモスの様子を写真に収めてきたので紹介します。今年はもちろん、来年の参考にもしてくだ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました