リニア体験乗車に参加するには?倍率は?体験レポート

リニア試乗
スポンサーリンク

maglev

 

3月18日、超電導リニアの体験乗車に行ってきました。10年ぶりのリニア試乗で、以前と車両も変わったので、とても期待して行ってきました!どうしたら試乗会に参加できるのか?定員は?など申し込みから当日までをレポートします。

どうしたらリニアに乗れるのか?

今も昔も、JR東海が募集するリニア試乗会に応募し、当選したら試乗できます。試乗が始まったのは、MLX01という車両からで当時は無料でした。一時試乗会も中断してましたが、現在の車両L0系となり、2014年ごろ再開しました。

現在の試乗会は2席で4320円(1区画=2名分)最大2区画(4名)まで申し込み可能です。

同伴幼児(参加者で座席を使用しない方)7歳未満は無料。※お申込1区画あたり2名まで。7歳未満でも、座席使用場合は、同伴幼児ではなく同行者として申込むこととあります。

体験乗車希望の方はJR東海 体験乗車実施に関する案内 を随時チェックしましょう。

インターネットか電話で申し込む

どうしたら当選するかは不明ですが、入場時お話をした係員に聞いた限り、5回も当選されてる方もいるようです。インターネットか電話で申し込み、先着ではありません。あくまでも抽選です。

実際、私も締め切り2時間前くらいに申し込みました。

定員は?

試乗の車両は7両編成でしたが、実際にお客さんを乗せて走る車両は2両でした。定員は1両当たり60席ほど。1回に試乗できる人数は120人位です。

1日の試乗は6回行っているので、1日の合計は720人位。今回の2016年第一回の試乗会に関しては、9日間試乗会を行っているので総人数は、6480人くらいということになりますね。

応募総数が不明なので、倍率も分かりませんが、朝早くと夕方の試乗は、遠方の方は避けると思うので、うまく狙えば当選しそうです。

 

申し込みから当日までの流れ

当選メール か 郵送で、当選通知がくる

今回2016年第1回のお話をしますと、2015年12月から2016年1月まで約1か月の体験試乗の募集がありました。

今回の応募締め切りは1月25日(月)23:59まで。

当選のメールの受信は、2016年2月1日10:35になってました。

l0-hit

入金しないと当選権利は失効

今の試乗会は有料ですので入金期限があります。受信したメールには、2016年2月8日23:59が支払い期限と記載がありました。

また今回の場合、2016年2月8日23:59までなら、取り消しも可能で、1区画あたり2000円の取消料を払い、残りが返金されるようです。それ以降の取り消しはできないので、お金は返金されないでしょう。

入金はクレジットカード・ATMやコンビニ決済も可能。※電話申込の方は、クレジットカード利用不可です。

搭乗予約ハガキが郵送されてくる

搭乗予定の日時が近づき、1週間前に「リニア体験乗車 搭乗予約証明書」というものが、ハガキで届きました。

JRのHPにも、1週間前に郵送しますと記載されてましたが、本当に1週間前に届きました。ほっとしましたよ。

postcard

 

つづきは、当日の試乗をレポートします。

時速500キロを体験、L0系リニア新幹線に乗ってきました!
リニアの体験乗車の当日の様子をレポートします。何を持っていったらいいか?ダメなのか?などを参考に当日を楽しんでください。 当日の体験試乗について ハガキに記載されている集合時間になったら、集合場所に集まります。 大きな荷物はコ...
2017年のリニア試乗スタート!山梨県立リニア見学センター(どきどきリニア館)ってどんなところ?
リニアに試乗した際に、もちろん山梨県立リニア見学センター(どきどきリニア館)にも行きました。こちらの施設がどんなところなのかのレポートになります。ここはリニアを写真に収めるにも良いです。また2017年1月現在体験乗車も募集しているの...

コメント

タイトルとURLをコピーしました