南仏プロヴァンスでのラベンダーの見どころを紹介!2022年の時期・見所は?

南仏プロヴァンスでのラベンダーの見どころを紹介!2022年の時期・見所は? 2017 夏休み欧州旅行
この記事は約13分で読めます。

7月にフランスのプロヴァンスで念願のラベンダー畑を見てきました。行き方や場所、見る時期などを写真を交え紹介します。ベストシーズンは6月~7月。アビニョンから出発し、ソー村、オーレル、リュベロン、ゴルドを回りました。どこも最高でした。8月は8月15日のラベンダーフェスティバルまで楽しめそうです。

スポンサーリンク

2022年 プロヴァンスのラベンダーは6月~7月中旬までが見ごろ

雅姫さんの本「やさしい生活 やさしい時間」という本を見た時から、6月か7月にフランスの南部、ププロヴァンス地方に行きたいと思ってました。

フランスのプロヴァンス ソーの町にはこんな素敵な風景も。

2022年にフランスのプロヴァンスにラベンダーを見に行く方!例年、ラベンダーのシーズンは6月から7月初旬。この時期がベストシーズンですよ。

私たちがプロヴァンスを訪れた2017年も、例年より暑く、ヨーロッパで猛暑とニュースで観ていたので、心配していましたが、フランスの観光局のFacebookにコメントを書いたら、確かに暑いけれど8月でも楽しめるよと返事がきました。

実際行ってみてわかったのは、ラベンダーを刈り取るのは、早くて7月初旬だということ。これは現地の方にしっかり聞いたので、間違いないです。

いろいろ調べると、毎年8月15日のラベンダーフェスティバル開催後、だいたい1週間後にすべて刈り取られてしまうようです。

Youtubeに写真をアップしました。よろしければ参考にどうぞ!

スポンサーリンク

8月に行くなら8月15日のラベンダーフェスティバルに行こう!

2021年8月15日のラベンダーフェスティバルはキャンセル。ただ、2022年のラベンダーフェスティバルは開催されるんじゃないかな、と思いました。

このお祭りは、毎年25,000人以上の人が来場するそうです。大きなお祭りですね。

お祭りは、職人のノウハウ、プロヴァンスの伝統、生産者、ラベンダー栽培者、職人、ラベンダーを中心とした製品が販売されたり実演されるんでしょうね。

2022年のラベンダーフェスティバルの詳細はこちらから

blank
La plus grande fête de la lavande au monde
L'une des fêtes de la lavande les plus connues de Provence réunit chaque été le 15 août, plus de 30 000 personnes. La plus grande fête de la lavande au monde es...
スポンサーリンク

実際にプロヴァンスに行ってみてどうだったか?

フランスのプロヴァンス 実際プロバンスに行ってみて・・・最高だった!

では、実際行ってみてどうだったか?というと、確かに早いところは収穫されていました。私が見に行ったのが7月26日だったのですが、ガイドさんからは10日前に刈り取ったという話がありました。

だから、7月上旬がベストシーズンなのは間違いないでしょうね。

でも、ラベンダーも早咲き、遅咲きがあるので、見る分には問題はないと思います。でもハッキリ言えるのは「ラベンダーの海のような景色」を見るなら、6月から7月初旬までがピーク。それ以降は、海の様な景色にはならないと思います。

スポンサーリンク

プロヴァンスのどこへ行ったのか?

フランスのプロヴァンス セナンク修道院も荘厳な雰囲気でラベンダーも最高

私以外の家族はラベンダーに興味もないため、旅行の日程の1日だけラベンダーを見ても良いことになりました。

そして、猛暑だから7月に見ないと枯れる可能性もあるので、フランスに着いた翌日に行くことにしました。

調べてみても、正直フランス語ってgoogle翻訳にかけても分かりづらく、その時期にベストな場所がどこか分かりません。

雅姫さんの本「やさしい生活、やさしい時間 2」に出てくる地名や写真などを見つつ、観光局が載せてるFacebookの写真や文章から、おおよそ場所の見当はつきました。

ただし、主人から見に行くなら自分で運転してよと言われ・・・左ハンドル、右側通行のフランス。運転する自信がもてず断念。

割高だけど現地ツアーに参加してプロヴァンスのラベンダーを見ることにしました。

家族で行ったので4人分200ユーロという出費は痛かった。(今、日本円で23,000円近い請求が上がっています。) でも、とても濃厚なツアーで1人なら55ユーロ、コスパは抜群。私はこのツアーをお勧めします!!

マルセイユとアヴィニョン発のツアーがありましたが、マルセイユ発は7月15日頃まで開催していて、それ以降はアヴィニョン発しかありませんでした。

よって、選択する余地もなく、アヴィニョン発の現地ツアーに参加。ソー村、リュベロン、ゴルドに行きました。

ちなみに、時期が外れて観られなかったけど、ラベンダーの海は、「ヴァランソール高原」で見られると思います。次に行く機会があれば、ヴァランソール高原を目当てに行きたいです。

ラベンダーツアーはツアー会社を利用して良かった

現地のツアー会社は、 Provence Reservation という会社でした。

一応、日本語の仲介サイトではなく、現地のツアーで価格も調べました。すると、金額は同じでした。現地に着いてからも、ホテルにもパンフレットが置かれいたので、価格を調べたのですが、やはり値段は同じ。

今回は、アヴィニョン発のラベンダーツアーに参加。ツアーは1日と半日とあるのですが、予算的に半日ツアーになりました。

私たちが申し込んだのは、「【夏季限定】美しい花畑のドライブ!南仏プロヴァンス ラベンダー半日ツアー <6月~8月/午後/アヴィニョン発>」大人55ユーロ、子供半額 です。

メリットは?

そのツアー会社からメールの問い合わせも、ベルトラが仲介してくれて日本語でやり取り可能でした。またポイントもつきますのでお勧めです。

南仏プロヴァンス ラベンダー半日ツアー  VELTRAを利用しました。良かったです。現地の価格と同じで安心

外国人と一緒に旅ができるのも魅力。実際、楽しかったです。

デメリットは?

今回はデメリットはありませんでした。が、また何かあれば書こうと思います。

ラベンダーツアーの内容は?

アヴィニョン発のツアーは、アヴィニョンのTGV駅やアヴィニョン中央駅、市内のホテルなどでピックアップ可能です。

また、子供はチャイルドシートに座る必要があり、申し込む際に申告する必要があります。(申し込みフォームにレ点チェック項目があった)

ガイドさんは英語とフランス語を話します。ただ英語もかなりクリアーな英語なのでほとんど聞き取れますし、とても大事なこと、例えば集合時間などはゆっくり何度でも言ってくれます。だから大丈夫ですよ。

午前のツアーが断然おすすめ!!

午前中のツアーがおすすめな理由は、ラベンダーオイルを蒸留する場所に連れて行ってくれるのですが、その蒸留工程は午前中に行われるので、午前中の方が楽しめると思います。

フランスは日が長く、日が沈むのは22:00過ぎてからでした。ですので午後のツアーでも写真が赤っぽくなることもなく色温度は気にせず写真が撮れました。だからもし午後のツアーでも大丈夫!

行った場所をすべて思い出せないのですが、たどった道順に写真も載せます。

バスはマイクロバスより小さなメルセデスのバン型の車で、リュベロン地方を目指します。アヴィニョンの街は川が流れ、景観的にも美しい街でした。

フランスのプロヴァンス 門構えが素敵なアヴィニョンの駅 TGVも停まる
フランスのプロヴァンス バスはマイクロバスより小さなメルセデスのバン型の車 乗り心地はまずまず
フランスのプロヴァンス 高台から見た景色

1時間半ほど走り、ラベンダーの蒸留所「Vallon des Lavandes」に到着。

見てもわかるように、外観も素敵。

フランスのプロヴァンス地方 SAULT(ソー)の町 Distillerie Vallon des Lavandes
フランスのプロヴァンス Distillerie Vallon des Lavandes蒸留所施設の外観
フランスのプロヴァンス Distillerie Vallon des Lavandes 蒸留所 午前中ならラベンダーを精油しているところを見られる
フランスのプロヴァンス Distillerie Vallon des Lavandes 窯からは、ラベンダーの香りがものすごくしました。

窯はまだ熱く余熱が残っていました。午前中のツアーでなら蒸留していた様子も見られたそうです。残念でした。

フランスのプロヴァンス Distillerie Vallon des Lavandes もちろん、お土産コーナーも。 エッセンシャルオイルを買いました。

この蒸留所では、ラベンダーオイルも売っていて30mlで11ユーロほど。ラベンダーの種類も2種類あって試せます。

ツアー参加でなく、個人で行くことも可能です。FacebookやGoogleにコメントがあるとオーナーの方が丁寧にお返事をしているようで、見ごろはいつなのか?などコメントすれば返事をくれると思われます。

私自身もFacebookなどでコンタクトを取ることも多いので、ぜひ訪れる前にコメントしてみましょう。

フランスのプロヴァンス  Distillerie Vallon des Lavandes この蒸留所の敷地内にもラベンダーがきれいに咲いていました。

見学に行く際は、2日前に予約してくださいとあります。予約は、電話もありますが、オンラインで予約も可能です。こちらで予約すると良いでしょう。

blank
Visit a lavender distillery - Leisure activity in Sault
At the beginning of the path of lavender, just tap into the history of a flower, all its wealth and scents… Thierry and Sylvie make you visiting their…
施設名Vallon des Lavandes 
住所Ancienne route d’Aurel Le Vallon, 84390 Sault, FRANCE
電話+33 4 90 64 14 83(英語・フランス語・イタリア語)
支配人:Barthée Barjot Sylvie
見学ラベンダー蒸留所の見学40 分 – 1名無料 要予約
年齢制限なし
見学時間7月と8月の収穫期間中
月~土曜 午前10時から午後12時までと14時から18時まで
(日曜日と8月15日のラベンダー祭りの日を除く)
行き方SaultからMont Ventoux道路を800 m進み、右側の最初の交差点でMichouilles道路を進む。
Vallondes Lavandes Distilleryが左側の3番目の道路にあります。

丘から見下ろせば、ラベンダー畑がいっぱい!

自動車に乗って移動すると、ラベンダー畑がそこら中に点在し、興奮しました。丘から眺めると、美瑛みたいにパッチワークみたいな感じに見えるんだけど、紫色で染まっているんです。

素敵~♪いいところに来たなあ!と本当に本当に思いました。

また少し車で走り、前も後ろもそこらじゅうでラベンダー畑になってきました。ただ広くはなく畑が点々としています。

ここは、本当はラベンダーの畑だったはずなのに、刈り取られてしまったようで・・・ガイドさんによると10日前に刈り取ったとのこと。刈り取りは例年より早いと・・・。

7月の初旬にくれば、ベストでしょうけど仕事があったり学校があれば来られないよね。

フランスのプロヴァンス地方 SAULT(ソー)のラベンダー畑 広くて気持ちいい。

途中、ラベンダーと遠くに街と一緒に写真を撮るチャンスが!!なかなか綺麗でした。

AUREL(オレル)のラベンダー畑は”写真映え”する!

フランスのプロヴァンス AUREL(オレル)のラベンダー畑は”写真映え”します。SAULT(ソー)の町より少し北へ向かうと見えます。

白い街並みをバックにラベンダーと一緒に写真を撮るのも素敵。

フランスのプロヴァンス AUREL(オレル)のラベンダー畑は広く、いろいろな景色が楽しめます。SAULT(ソー)の町より少し北へ向かうと見えます。

AUREL(オーレル)のラベンダー畑は”写真映え”するので、行くべき場所です。

SAULT(ソー)の町より少し北へ向かうと見えます。広い敷地にラベンダーが植えられ、これぞ、プロヴァンスの夏という感じ。

フランスのプロヴァンス地方 SAULT(ソー)のラベンダー畑 綺麗な紫色。

ラベンダーってどうしてこんなにきれいなんだろう。

大まかな地図ですが、以下の通り。

フランスのプロヴァンス ラベンダーで有名のソー(Sault)の村まで5KMとの表示が!!

ラベンダーで有名のソー(Sault)の村まで5KMとの表示が!!そしてソーの町に到着。

フランスのプロヴァンス地方 SAULT(ソー)の村のお花屋さん
フランスのプロヴァンス地方 SAULT(ソー)の村 こんなディスプレイも素敵。
フランスのプロヴァンス地方 SAULT(ソー)の村で開催。蚤の市

広場では、蚤の市も開催。ソーの村では、30分間自由散策できました。

ソーの村にある丘の上から。ベストシーズンは、ほどんどラベンダーの紫にそまるとか・・・?このように刈り取られていて緑色になっていました。残念です。

SAULT(ソー)・ Aurel(オーレル)のラベンダー関連の見どころ

フランスのプロヴァンス地方 SAULT(ソー)の村の丘の上から。ベストシーズンは、ほどんどラベンダーの紫にそまるそう・・

ラベンダー生産者・ラベンダー畑

施設名Les Lavandes de Champelle
住所Rte du Ventoux, 84390 Sault, France
WEBサイトhttps://www.lavandes-champelle.fr/fr
blank
Vente en ligne de produits de lavandes à Sault – Passez votre commande
Les Lavandes de Champelle dans le Vaucluse vous propose la vente de produits de lavandes, à savoir : huiles, miels, raines de lavande, bouquets de lavande, cous...
施設名Les Bouquets du Ventoux
住所Les Grandes Pourraches, 84390 Sault, France
WEBサイトhttps://www.lesbouquetsduventoux.com/
blank
Les Bouquets du Ventoux, Producteur lavande Bio AOP Sault en Provence
Bouquets et couronnes de lavande fine BIO angustifolia, fleur de lavande Bio, huile essentielle de lavande fine BIO AOP, eau florale lavande Bio, huile essentie...
施設名La Ferme aux Lavandes
住所Route du Mont Ventoux, 84390 Sault,France
WEBサイトhttp://www.la-ferme-aux-lavandes.com/
blank
Accueil - La Ferme Aux Lavandes
Bienvenue en Provence au Pays de La Lavande La Ferme aux Lavandes a le plaisir de vous accueillir
施設名Champ de Lavandes
住所Rte de Montbrun, 84390 Aurel, France
WEBサイトhttps://tangerinezest.com/escapade-en-provence-au-pays-de-la-lavande/
blank
Escapade en Provence au pays de la lavande - Voyage - Tangerine Zest
J'ai profité de vacances dans le nord Vaucluse pour réaliser l'Escapade en Provence au pays de la lavande dont je rêvais depuis longtemps...

養蜂農家(ラベンダーの花からはちみつ)

施設名Miel de lavande – Miellerie du Val de Sault – Brigitte et Bernard Voisin
住所Buan, 84390 Sault, France
WEBサイトhttps://miel-de-lavande-miellerie-du-val-de-sault-brigitte.business.site/
blank
Miel de lavande - Miellerie du Val de Sault - Brigitte et Bernard Voisin
Apiculteurs à Sault

Gordes(ゴルドの丘)は最高!展望台から眺めよう!

崖にへばりつくように広がる家々が遠方から見るとまるで宙に浮いているように見え、『鷲の巣村』とも呼ばれるゴルド。フランスの最も美しい村に選ばれている。

フランスのプロヴァンス Gordes(ゴルドの丘)は最高!絶対に行くべき。

ここでドライバーさんが、ゴルドの丘へ連れて行ってくれました。おお!神々しい!

ゴルドとは、16世紀丘の上に建てられたルネサンス様式の古城。陽光と自然に包まれた天空の城が素敵。丘の斜面に張り付くようにして、石造りの家々が階段状に連なっています。

夕方の光は、幻想的な写真が撮れると思いますし、朝なら、霧や朝もやが神秘的な雰囲気を醸し出すかも??

施設名Point de vue sur la ville de Gordes ゴルドの街 展望所
住所13 Rte de Cavaillon, 84220 Gordes, FRANCE
見学24時間可能 
駐車場あり 日中は混雑気味

ここには10分くらい停車。崖は本当に切り立って落ちるから子供は注意してねと言われました。子供でなくてもかなり怖い感じ。でもやっぱり素敵な写真にしたいからギリギリまで行きましたけど。

セナンク修道院も荘厳な雰囲気が!

フランスのプロヴァンス Abbaye Notre-Dame de Sénanque  セナンク修道院も荘厳な雰囲気があり、ラベンダーもきれいだった。

そして、最後にセナンク修道院へ。ここも自由時間は20分くらい。ものすごく足早にまわりました。

フランスのプロヴァンス Abbaye Notre-Dame de Sénanque  セナンク修道院は荘厳。

でも、ぎゅーっと濃縮した濃い時間で、ガイドさんがここもここも見せてあげようと言う気持ちが伝わる素敵なツアーでした。

施設名Abbaye Notre-Dame de Sénanque 
住所84220 Gordes, FRANCE
電話+33(0)4 90 72 18 24
見学外観のみの見学なら予約は不要・無料
内部を見学するなら要予約・有料
年齢制限なし 
大人:8.50ユーロ
学生(18歳から25歳、学生カードの提示時):5ユーロ
6歳から18歳未満の子供:3.50ユーロ
子供6歳未満:無料
行き方Gordesに入った直後、左側でD177をVenasque方面に進みます。
Notre-DamedeSénanque修道院まで5km。

正直、ここもとても期待していましたが、ちょっと時期が遅かったですね。咲いていましたが枯れかかっていました。

ここから1時間ほど走り、アヴィニョンに到着。私たちは宿泊地のホテルで降ろしてもらい解散。早足のツアーですが、本当に満足でした、楽しかったです。

さいごに

今回は、私もこのベルトラを使いましたが、アヴィニョンのTGV駅で探してみたら、レンタカー屋さんもそこそこあり、今度行くときには運転してみたいなと考えています。

でも1人か2人の人数であれば割高です。間違いなくツアーの方が安いしお得でしょう。

フランスのプロヴァンス アビニョンの駅にあるレンタカー屋さん。けっこうたくさんありました。

このように、レンタカー屋さんがいっぱいでした。

わたしが大好きな本。。

やさしい生活、やさしい時間 2

この3冊は本当にお勧め。私の大事な本です。

関連記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました