羽田にある、ANAの機体工場見学に行ってきました。特別塗装の飛行機にも会えるかも??

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

東京国際空港(羽田)のANAの機体工場見学に行ってきました。実は、予約がなかなか取れず、大人の社会科見学としても人気が高い、飛行機の整備場見学。整備中の飛行機を間近に見られるだけでなく、滑走路に降りてくる飛行機にも近いポイントです。運が良ければ特別塗装の飛行機にも会えちゃうかも?

これから見学に行こうかな?と思ってる方は、是非参考にしてください。

スポンサーリンク

羽田のANAの機体工場見学とは?

ANA(全日空空輸)が社会貢献活動の一環として無料で実施している見学です。

現在は、東京国際空港(羽田)のみで行われています。場所は、羽田の新整備場地区で、近くには駐車場もありません。年齢制限を設けており、小学生以上しか入場できません。(しっかり身分証で確認されます)

ちなみに、同じ羽田の新整備場地区には、JALの機体工場もあります。このエリアは飛行機関連の乗り物も多く、面白いです。

ANAのHP:https://www.ana.co.jp/group/kengaku/

ANAの機体工場見学概要

料金:無料

開催日:月曜〜金曜(土、日、祝日・年末年始の見学はありません。会社都合で見学を行なわない日もあります)時間は以下のとおり。

第1回:10:00〜11:30
第2回:13:00〜14:30
第3回:14:00〜15:30
第4回:15:00〜16:30

年齢制限:小学生以上(未就学は不可)
※小学生の場合は、成人による引率が必要

写真はOK 動画・録音は禁止です。写真は事前にANAに確認すれば掲載してもOKとのこと、このHPの写真もANAに確認して貰いました。

※駐車場は付近にありません。(本当にありません) 羽田空港に停めるのが賢明です。

ときどき土曜日開催してるよ

しかし、ときどき土曜日も開催しています。これまで私が目にした土曜日開催のものは、以下のとおり。

  • ANAの旅行会社が主催しているもの
  • ANAのクレジットカード持っている方向け
  • マイレージを使って申し込む方法

しかしあくまでもイベント扱いです。基本は平日のみです。どうしても土曜日しか行けないようなら、ANAのHPやFacebook、Twitterなど注意深くCHECKしましょう。つい先日、我が家もクレジッドカード持っている方向けのイベントに応募したけど、ダメでした。

お勧めイベント・ツアー

またときどきこういうツアーがあります。↓

羽田エクセルホテル東急が、2017年7月1日(土)~2日(日)に「航空評論家 小林宏之さんのお話とJAL機体整備工場見学」が楽しめる...
ANA機体工場とキリンビール横浜工場への見学付き、さらに宿泊は羽田エクセルホテル東急で滑走路が見える部屋で1泊できるツアーが発売され...

JALの機体工場見学ツアーは今、募集中です。

夏休みの予約決めました?ここなら安いかも?

トリップアドバイザーが、2017年の夏休みの「人気の旅行先」と「格安で滞在できる時期」を発表。国内も海外も載せているので非常に役に立...

子供にお勧めのイベントはこちらも

成田空港の航空博物館に行ってきました。展示物はほとんどボーイング747。目新しくはないけど、飛行機の部品がゴロゴロ。ひとつひとつの大きさを感...
JR東海が30周年の無料イベントを行います。現在参加者を募集中です。リニアの試乗会やドクターイエローの車内見学、車両基地の見学やJR...

JR東海のイベントは夏休みに開催。成田のANAのイベントは9月に開催のイベントです。

今回は、パパの会社の団体として参加しました。

ここからは、見学についてです。

場所は、新整備場駅から徒歩10分ほど

この駅は、東京モノレールの駅ですが、急行が停まりません。各駅停車の駅です。

また、近くからはこのように飛行機が間近に見ることが可能です。最近のドラマだと「ミス・パイロット」は、このあたりのシーンが多かったかな。あ、飛行機、JALだ・・・。

このように、ほとんど車は通りません。歩道は地味に、一方通行みたいです。

途中、こんなものや・・・ガソリンスタンド?

こんなものが見えて面白かったです。さすが、整備地区。

と、いろいろ目を奪われているうちに到着です。

ロビーに入り、名前の確認をします。今回は小学1年生の児童が数人いたので、保険証で年齢の確認をしました。

ロビーには、椅子とテーブルが数脚用意されていて、予約の時刻まではココで待機する形になります。

このように、パンフレットと、首から下げるフォルダーを受け取りました。

ロビーの様子・展示物がいっぱい

ブリヂストンのタイヤの展示

ANA × ”GUNDAM JET”のときのものでしょうか?

子供は大喜びですね。これ。京急の駅にも似たのあるよね?確か・・・駅のものは、パイロットとCAだった気もするけど。

エンジンが飾ってあったり。

コックピットのモックが置いてあったりします。

コックピットはかなり古いです。

見学の流れ

当日の流れです。すべて含めた時間が1時間30分です。

  1. 飛行機と整備についての説明
  2. 整備関連のビデオ上映
  3. 整備作業中の飛行機の見学

集合時間になったら見学担当の方が、①飛行機と整備についての説明、②整備関連のビデオ上映をしてくれます。

時間までは、講堂内の展示物を見られます。

はじめに、少し広い会議室のような講堂に通されます。廊下に置いてあるデジタルサイネージが綺麗でした。

正面にはスクリーン。時間がくるまでこの部屋の中の模型や飛行機の部品の写真を撮りました。

ここでも、模型です。懐かしいマリンジャンボが!私、機内販売で時計買ったわ!特別塗装の模型がずらり・・・。

もちろん最近のスターウォーズのJETもいます。

特別塗装の飛行機はこんな飛行機↓

STAR WARSの R2D2 JETを追って、偶然にもANAでのハロウィーンイベントを見ることが出来ました。ANAにとっても初めての試みだ...
ANA 『STAR WARS™プロジェクト』第4弾!『C-3PO』が全面に描かれた特別塗装機が登場します。愛称を『C-3PO™ AN...

ハッピーフライト」でもおなじみ、ピトー管。

カーボン素材です。

ジャンボ(B747)のタイヤの輪切りです。

ここにも、ガンダム。

実物のB747の窓ですね。けっこう厚いです。

先日、スバルの飛行機の工場で、こういうリベットやカーボン素材について見学したばかりだったので、楽しかったですよ。

詳しくはこちらも!

先日、スバル開催のACTIVE LIFE PROGRAMの「宇都宮にある航空宇宙カンパニーのイベント」に参加しました。今回一般公開が...

これは、素材の違いを見るコーナーです。比べると面白いですね。

椅子も、4席置いてありました。

また、うちの子供のようにちびっこに人気のスタンプコーナーもあります。

またSNS用にこんなものも用意されています。

①飛行機と整備についての説明、②整備関連のビデオ上映

ここでは年齢層に合わせて、ANAグループが 使用している飛行機について紹介してくれます。

このANAの機体工場では900人の方が交代で働いているとお話がありました。ビデオの中では、整備のプロともいえる方のインタビューもあり、整備の仕事は集中力と体力がいる仕事だよと話していたのが印象的でした。

一言で機体整備と言っても、種類があり、

  • 機体整備
  • ライン整備(地方空港)
  • エンジン整備
  • 装備品整備

などがあるそうです。もちろん地方空港ではすべてはできませんから、ここ羽田のANAの機体工場が担う役割は大きいでしょう。

整備士さんの1日の流れをビデオにしたものも観ました。その方は17:00に出勤し、準備体操をみんなで行い、工具箱を点検し、ブリーフィング。大抵飛行機は夕方の時間になると機体工場に入ってきて、翌朝までに整備を行うようです。

これは、エレベータに貼ってあったものですが、映画「ハッピーフライト」でも大騒ぎになった工具箱の工具が足りない事件ですが・・・、箱にも工夫がされていて、足りない工具が何なのか、目ですぐ気が付ける仕組みにしています。

工具が飛行機のどこかに置き忘れていたら大変ですよね。日頃から、声を出して「工具チェックよし」と点検をおこなっているそうです。

点検作業は、①目視→②修理交換→③作動点検→④エンジン点検→OK

このように私たちが乗る飛行機の安全は整備士さんがしっかり守ってくれているんんだなと感じました。

また、整備士さんの手を離れたあとも、グランドスタッフ、キャビンアテンダント、パイロットが自分の仕事を一つ一つ確実にこなし、私たちは安全に空の旅ができるんだなあと、本当に感謝の気持ちになりました。

個人的には、格好いいパイロットなどに目がいきがちですが、プロフェッショナルの仕事をそれぞれしないと、安全に飛行機を飛ばせないんだなあ、と改めて感じましたね。

また、飛行機と整備についての説明してくれた方は、クイズも出してくれました。767のエンジンはいくらでしょうか?という問題だったのですが、3択にも関わらずみんな不正解でしたね。767のエンジンは、1つ、13億円するそうです。2つ付いているので26億円。ビックリしましたね。

また787のエンジンもいくらでしょうか?クイズになりました。これも1つ、16億円!クイズに正解した子供には、ステッカーが貰えました。

うちの子供は貰ってました。こういうステッカーです。

このビデオと説明を聞いたら、ひとりひとりヘルメットを被って、いざ機体工場へ出発です。

エレベーターで上に上がり、機体工場と繋がっている連絡通路を渡っていきます。途中、食堂があったのですが、整備士さんの仕事は24時間の交代制ですから、食堂も24時間OPENしているそうです。

連絡通路からは、こんな景色が見えます。

整備作業中の飛行機の見学

いよいよ機体工場見学です。こんな自動ドアの内部が、機体工場です。

  • ヘルメットを着用して格納庫に出ます
  • デッキでの格納庫等の説明
  • 飛行機の説明

出たのは3階。当たり前ですがけっこう高いです。高所恐怖症の方は怖いかも?

この中ではもちろん自由行動はできません、禁止です。引率のANAの職員の誘導の元、見学できます。

と、いました!でも残念1機しかいない。

この白い大きな枠は、整備する際の足場の役割ですね。

よく大きい飛行機がこの白い足場に挟まれている写真を観たことがありました。今日もこれを期待していたけど、行ったのがゴールデンウイークだったから、飛行機も出払ってるよね。

下から見るとこんな感じ。迫力があります。

3階から1階までは自分の足で降ります。

通路には、火事になった時にすぐ火を消せるように、科学薬品?の消火器も完備。当たり前かあ・・・

ここが、整備士の工具箱置き場。ピシッと、ずらーっと並んでいます。

通路はこんな感じ。広いので、自転車や電動の乗り物でも移動します。

1階まで降りてくると、飛行機が本当に間近に!飛行機としては小さめだけど、やはり大きい。写真は人が映りこむと掲載できないので、飛行機のフォルムすべてを載せられません。そこが残念でした。

ドラマに出てくる飛行機の撮影が行われることも

少し前のドラマですが、元SMAP 木村拓哉主演で、1月からTBS系で放映したドラマ「A LIFE ~愛しき人~」は、主人公の沖田 一光がシアトルから日本(成田)に飛行機で帰ってくるシーンがありました。

そのシーンは、ANAの飛行機 B787 Dreamliner(ドリームライナー)を使ってましたね。座席はビジネスクラスでした。

飛行機の飛んでるシーンはB787だったけど、Twitterの画像を見ると、B777-300の飛行機の機内で撮影しているように見えます。ビジネスクラスのシートが同じだからこの飛行機だったのかな?と勝手に想像・・・。

このシーンもっと長い時間見ていたかったな。TBSのドラマ 「GOOD LUCK」を思わず思い出しましたよ。新海~って感じ。実際、ANAの格納庫での撮影だったそうですし・・・。

もう一度、キャプテンになった新海元を観たいです。

エンジンの整備も行っていました。

息子も必死で写真を撮っていました。2歳くらいからカメラを持たせていたので、飛んでる飛行機もフレームにしっかり収まるように写真が撮れるようになっていました。

持たせていたのは壊れかけたカメラで、10枚に1枚くらいなぜか保存してくれないという、不思議なカメラです。デジタルで10年前のものなので修理も微妙。捨てるなら・・・と思って彼の物になりました。私たちのお下がりです。

また、1階まで降りてくると、滑走路から飛行機がたくさん降りてきたり、飛ぶ前に目の前を通っていきます。JALの飛行機ばかり降りてきたので載せませんが、なかなか良い眺めでしたよ。

賞味90分なのですが、この機体工場内は少し時間が足りないかも!すぐに終わってしまいました。写真もANAの職員が映っているとHPなどの掲載はNGなので、人がいなくなるのを待っていたら、時間切れに!

ヘルメットは、ロビーにて回収します。入館パスは、記念品として持ち帰れます。

玄関ロビーの売店では、お土産もの買い物ができます。

私たち家族はかなりこの手のものはどこに行ってもCHECKしているので、すでに持っているものばかりで買いませんでしたが、ここでしか買えないものもありました。

この機体工場のロビーには、セブンイレブンがあり、その目の前に並んでいます。JAXAのつくば宇宙センターも同様にセブンイレブンがありましたが、同じですね。

17時までしか購入できません。17時になったら機体工場を退出しないとならないので。

このお土産コーナーは、機体工場に見学に来た方しか利用できません。

と、以上でANA機体工場見学は終わりです。

関連の商品

最近買った面白い本

B787のことを書いている本と、羽田空港のことを書いた本です。大人が読んでも面白くって、羽田空港の本は英語でも英訳が入っています。偶然にもANAの本ですね。

この透明水彩絵の具を使った味のあるイラストは私も真似したい。どちらも素敵なイラストです。

さいごに

次に行くときは飛行機が沢山いるときに行きたいです。JALの機体工場見学も予約したので、また後日レポートしたいと思います。

JALの機体工場見学は、夜に開催のナイトサファリ的なものも開催しています。それも後日UPしたいと思います。

見学者のお土産にこういうのをいただきました。作っているのは、丸彰という飛行機のオモチャやキーホルダーを作っているメーカーさんのものでした。

レゴ風でけっこう可愛いです。

関連記事はこちらも

国内のフライトならまだしも、海外へのフライトの際、よく考えたいのが座席の場所。同じエコノミーならどこの座席に座っても同じと思ったら大間違い!知ってると機内での快適さがぜんぜん違います。良い座席の選び方をご紹介します。
千里川土手・・それは、飛行機が轟音で、頭上わずか数十メートルを通過していく場所。息子にとっては、ルーク・オザワさんに会った思い出の場...
3月に成田航空科学博物館で開催された、JALのイベントに今年やっと参加できました。パイロットさんの話とグランドハンドリングについて、...
JR東海が30周年の無料イベントを行います。現在参加者を募集中です。リニアの試乗会やドクターイエローの車内見学、車両基地の見学やJR...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加