「ANAとBabymo」コラボ企画 0歳児の赤ちゃんと一緒に参加可能!2泊3日沖縄の旅

お出掛け情報
スポンサーリンク

ana-tour

「ANA(全日空商事)と主婦の友社」主催で、ベビー向けサービスで提携。第1回は沖縄の旅を開催。羽田発・2017年2月26日(日)~2月28日(火)の2泊3日で、41組募集。 機内の後部座席はツアー専用。泣いても大丈夫、みんな赤ちゃん連れです。おむつ交換台付きトイレや授乳スペースもあり安心です。

第1弾「赤ちゃんごきげん沖縄の旅」

予約開始は、2016年12月21日(水) 14:00~

2日目に Baby-moプロカメランによる家族写真撮影会も実施、沖縄の思い出をステキに残していただけます。(事前予約制)

【予約方法】
ANA国内ツアーデスク 0570-050-733 (IP電話050-3819-9240)
12/21(水)14:00までは不通となりますので、ご了承ください

【詳細URL】
ANA SKY WEB TOUR 赤ちゃんと沖縄」で検索
※サイト開設12/21(水)14:00より

赤ちゃん連れでも安心!!3つのポイント

① 機内の後部座席はツアー専用です。泣いても大きな声を出しても、まわりはみんな赤ちゃん連れです。おむつ交換台付きトイレや授乳スペースもあり安心です。

② ご宿泊ホテルは広くてゆったり。カヌチャベイホテル&ヴィラズを用意。

③ 機内やホテルでは紙おむつ、粉ミルク、離乳食をご用意していますので、荷物が多くなりがちなご旅行の負担が軽減します。

また、ママさんCAを配置するそうです。

ホテルも良いホテル!

カヌチャベイホテル&ヴィラズ(沖縄県名護市)
アゼリアスィートまたはジェットバスつきのオーキッドルーム 選択可能。

hotel-2

オーキッドルーム

hotel-1

アゼリアスィート

 

ツアー詳細

「赤ちゃんごきげん沖縄の旅」

旅行期間:2017年2月26日(日)~2月28日(火)・2泊3日 ※羽田発着

定 員:最大41組(参加いただける赤ちゃん(0~2才)は41名限定)

旅行代金:(3日間レンタカープラン/おひとり様)

大人(12歳以上) ¥56,200 ~ ¥93,000
0~2歳<航空座席なし、ベッドなし、食事なし> 無料
0~2歳<航空座席あり、ベッドなし、食事なし> ¥33,800
3~5歳<航空座席あり、ベッドなし、食事なし> ¥33,800
小人(3歳~11歳) ¥52,000

※レンタカーをご利用されない方へ那覇空港⇔ホテル間送迎付きプランも用意

参加条件:0~2才の乳幼児同行が条件になります。

※2014年3月1日以降に生まれたお子さま(旅行中に3才にならないこと)
乳幼児1名につき、大人1名の同行が必要。(大人1名で乳幼児2名以上は不可)

2月は、ホエールウォッチングツアー に申し込もう!

marine-1209297_640-1

発売前で詳細が見えないのですが、レンタカープランがあるということは、旅行工程は自由旅行だと思うのです。

もし、自由旅行ならお勧めなのが、この時期クジラが見られるはず!!ツアーに参加しましょう。赤ちゃんだってクジラは分かります。子供はたくさん新しい体験をすることで、脳が活性化するそうなので、この時期は本当に良いのでは?

しかも、那覇空港からめちゃくちゃ近くてGOOD!

9:00と13:30のツアーがありました!

【那覇】クジラガイドと行く!★ホエールウォッチング 現在空き有

おとな男性(12歳以上):4,200円
おとな女性(12歳以上):4,200円
こども(6歳~11歳):3,200円
幼児(0歳~5歳):0円

☆30日前までに予約完了で500円引きになるプランがあり☆

 

この商品の発売について

「赤ちゃんと一緒に旅行に出掛けたい」という要望に応えるかたちで実現

羽田=那覇間の往復便の機内後方に当ツアーのお客様のための専用ゾーンを設けて、エリア内に授乳スペースを確保し、ママさんCAを配置するなど、機内でも安心して赤ちゃんと一緒の旅行を楽しめます。

  • 主婦の友社が発行する育児雑誌Baby-moで活躍するカメラマンによる撮影会
  • 発刊している絵本等のプレゼント。
  • ツアーへの協賛企業を募り、様々なサービス(*)を提供する予定。

Baby-moの読者組織「ママeditors100人」やANAグループのママ・パパ社員の意見を活用することにより、ベビー用品や旅行用品をプロデュースし販売することも予定。

ファミリーが安心して旅行できる商品やサービスを提供し、子育てをより楽しんでいただく環境を目指すそうです。

個人的には

子供に寛容な世の中にして欲しいです

いやいや、本当に安心して旅行が行けますね。

初めての飛行機は本当に不安で、飛行機が離陸する前は飲み物用意して耳抜きしやすくしたり、いろいろ気を使いました。実際のところうちの子供は問題なかったようですが、口も利けないから分かりませんよね。

これまで国際線には、おむつを用意してくれるサービスがありました。ただし日本の航空会社だけで、提携航空会社では対応がありませんでした。

このようなサービスが活性化して、赤ちゃん連れでも旅行を楽しめるようになれば本当に良いですよね。

インターネットを検索すると、赤ちゃん連れは飛行機に乗るな!みたいな書き込みもよく見ます。数年ぐらい旅行を我慢しろ!くらいに書かれていることもあります。

でも子供と一緒に感動したい!それに私のように育児休業中に旅行に行っておきたい!と考える方も、働くワーママが増えてるんだから多いと思うんです。

先日も電車の中のベビーカーが嫌だと感じる方が2割いるという市場調査の結果がでましたが、子供たちが将来を担い、皆さんの年金も子供たちが頑張ることになるんですよ。もっと大きな心で見守って頂きたいと勝手に思ってます。

 

関連記事はこちらも

新米パパ・ママ必見!ビデオカメラ購入は、4Kビデオカメラがお勧めな理由。
妊婦さんと新米パパとママ。絶対にお勧めしたいビデオカメラがあります。それは・・・4Kビデオカメラです。このカメラ便利です。だって、4K画質で撮影できる上に、動画撮影中に写真も撮れる。また後から写真を切り出すことも可能なんです。実は、...
エコノミークラス症候群の予防に「医療用弾性ストッキング」がお勧め!
海外旅行時の飛行機移動の機内で、長時間同じ姿勢で過ごすことで起こる「エコノミークラス症候群」軽い運動をしろ、水を沢山飲むなどいろいろ言われていますが、実は、エコノミークラス症候群の予防に「医療用弾性ストッキング」が役に立ちます。 ...
「東京体験パスポート2016年-2017年版」体験を通して子供は成長する!?
大ヒットしたあの「ランチパスポート」の体験版ができました。「東京体験パスポート2016年-2017年版」“東京ならではの体験”を、どこよりもお得に提供するのがコンセプト。2016年9月28日(水)に発売。わが家は、日ごろから「体験で...

コメント

タイトルとURLをコピーしました