0歳児 初めての海外旅行の行き先どこにする? 私の失敗談をお話しします

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

海外旅行って、0歳児の赤ちゃん居たら行けないのかな?行き先はどこにしたらいいのだろう?そんなママ。ぜひ、私の体験を読んで失敗のない素敵な旅にしてください!碧い海や真っ赤に燃える太陽、本場のクリスマス。一緒に感動したい!そう思っているパパ、ママも多いはず。

共働き家庭も多い現代、職場に復帰したら子供が熱出したりして、思い通りに有給休暇とるなんて独身の頃みたいにいきません。私も、復帰後1年目は有給1日しか余りませんでした。じゃあ、旅行って我慢しなきゃいけないの?一体いつまで?ってママは悩むはず。

今は女性の働き方や生き方が変わってきてます。授かり婚だって、働くワーママも沢山います。みんな自分の尺度ではかりたがるけど、私は子供と一緒に国内も、海外旅行するのにだって賛成です!

赤ちゃんなりに空気を感じ、ママやパパとの旅行を楽しんでると思います。

スポンサーリンク

生後どのくらいで旅行に行ける?

わが家は6ヶ月に海外旅行に行きましたが、病院の先生に言わせると、首が座っていれば大丈夫とのこと。もちろん個人差はあると思うのでご両親の判断になります。

バシネットっという壁につけるベットに赤ちゃんを寝かせることができます。機内のトイレにはおむつ交換台もついてますし、白湯も貰えるのでミルク作りにも困りません。食事もベビーフードや子供用のご飯もありますから準備の必要もないです。

うちの子は国際線に乗せる前に、生後2ヶ月半で国内線(大阪~新千歳)を経験させました。「一度飛行機に乗せてみること!」これも目安になります。

また、エコノミーとビジネスクラスとでお母さんの負担も変わってきます。

行き先はどこがいいのか?

ゆっくり、のんびり、赤ちゃんのペースに合わせる旅が基本です。寒すぎたり、暑すぎる場所も体温調節が未熟な赤ちゃんには大変。1つの場所を拠点に滞在する形が良いと思います。また、海外での医療機関の事を考えると、大都市か中都市がお勧め

理由は、海外の日本語が通じる医療機関は大都市に集中し、保険のキャッシュレスサービスも概ね大都市です。英語か現地の言葉が話せる方はともかく、不安のある方は、滞在先の医療機関も保険会社のHP等で確認すべきです。

私自身の子連れ旅行体験

子連れの初めての海外旅行はひどかったです。それは15日間の日程で、フランス・ベルギー・スペイン・ポルトガル・イタリアと5カ国も行ってしまったからです。結果、毎日移動、移動で大変でした。

また、現地でバス移動をしましたが、これは失敗でした。現地の電車はトーマスクックという、日本でいう時刻表があり、日本でも購入できるのですが、現地のバスというのは時刻表をいくらインターネットで調べてもわからなくて、本当に大変でした。

バス、LCCを使用するのは子連れ以外で!

私達はスペインに行った際に、ローカルバスを使う計画を立てました。どうしてもバスでしか行けないところに行きたかったからです。結果、行けて満足でしたがバスも予約が必要だったり、0歳から料金発生したり、現地についてから計画を練り直したりで大変でした。バス利用はお勧めしません!!!

また、ヨーロッパはLCCを利用したり、国際列車も利用しましたが、ヨーロッパにいくなら、列車移動に徹するほうが体が楽です。外国人向けに1等席が安く購入できるのです。(日本で購入も可能)1等席は食事・お茶・お菓子も出てくるし、とても優雅な気分を味わえます。乳幼児を連れていくならお勧めです。

幸運にも、子供は熱も出さず元気でした。楽しかったけど、辛かったというのも本音。抱っこ紐で全行程、歩いて移動してましたから、部活みたいでした。2度目の海外はそこを踏まえて、ドイツ1カ国にしました。これは正解!!でした。

しかし、赤ちゃんは飛行機などの長時間の移動は大変です。てはじめに移動時間が短い、韓国、グアム、サイパン、ハワイ、ケアンズあたりが良いと思います。

飛行機の座席の選び方も書いています。参考にしてね。

国内のフライトならまだしも、海外へのフライトの際、よく考えたいのが座席の場所。同じエコノミーならどこの座席に座っても同じと思ったら大間違い!知ってると機内での快適さがぜんぜん違います。良い座席の選び方をご紹介します。

行き先を決めるのは、欲張らず赤ちゃんのペースがいちばん

  • 飛行機の時間が短い
  • 気候の良い場所
  • 現地での移動が少ない場所 に滞在する旅行が一番です

まずはパスポート取得から

その昔は、子供って親のパスポートに併記できましたが、2015年現在、生後すぐの赤ちゃんでも1冊のパスポートが必要です。「申請に必要な書類」を一覧でまとめましたので、必要な方は 0歳児のパスポート申請に必要なもの を参考ください。

ビザが必要な国、例えば、オーストラリアやアフリカなどはビザがないと入国できません。パスポートがないとビザは取得できませんので早めに取得しましょう!

どこで予約しよう?

まずビザが必要な場合、旅行会社でもビザ取得代行を行っています。今はインターネットでビザも取得できますが、言語に不安な方は、旅行会社お願いすると良いと思います。

旅行を手配するにあたって、考えられるパターンは4つあります。それぞれ良さがあります、以下書き出してみました。

  1. 募集型企画旅行(パッケージツアー):航空券、宿泊先、空港からの送迎、観光など総合的に手配されている旅行会社側で企画した旅行形態のこと
  2. 手配旅行:旅行会社に航空券と宿泊先だけとって貰う手配旅行のこと
  3. 受注型企画旅行:旅行者個人の希望に応じて旅行プランを作ってもらい、全行程を旅行会社で全て手配してもらう旅行のこと
  4. 個人旅行(自由旅行):航空券、宿泊先、現地の移動、全て自分で手配する旅行のこと

1が一番旅行代金が高い気がしますが、実際計算するとパッケージ旅行のほうが安いなんてこともあります。例えば、JALのハワイ行きなど。行き先が決まったら、現地での過ごし方や、どんなところに泊まりたいとか考えると自分にあってるものが見えてきます。

0歳児を連れて初めての海外旅行なら、JALパックのハワイツアーなどパックツアーがお勧め。特にJALのハワイ行きはクーポンが充実していてお得!日本語も通じる安心感も。

もちろん旅慣れてる方は、自分のお気に入りの場所に赤ちゃんを連れて行くのもいいですね。私たちは個人旅行(自由旅行)で自分で手配してます。旅行費用を抑えるため、航空券はマイルで充当するか、自分で手配。ホテル、電車も自分で手配してます。今は、世界中のホテル、電車をインターネットで予約できますから、英語ができなくてもなんとかなります。

旅行の行き先、日程が決まったら、次は持ち物の準備をしましょう!

今、募集しているのはこれ。

子連れ限定の飛行機で行くハワイ。魅力的ですよね?JALパックから、2017年8月10日(木)出発限定!「ファミリージェット®で行く ...

また、旅行をこんな理由でキャンセルしたときは、キャンセル料も払わずお金が全額戻ってきました。

先月、父親が亡くなりました。まさか亡くなるとは思ってませんので、沖縄・長崎と飛行機を利用した旅行を予定しておりました。実は事後申請で...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加