サントリー白州蒸留所限定の試飲ツアーへ行こう!大人の社会科見学

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

%e7%99%bd%e5%b7%9e%e3%82%a6%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%bc

森の蒸留所としても有名なサントリー白州蒸留所。首都圏から1-2時間で来られるのも魅力。環境問題にも力を注いでる企業なので子供と一緒もお勧め!森林浴もできてウイスキー試飲でき、お土産ももらえちゃう。森薫る場所での大人の社会科見学です。

料金は1000円(無料から変更になりました)
年末年始・工場休業日を除く毎日(10:30/11:30/13:30/14:30)
以前は当日予約なしでも参加できましたが、要予約です

申し込み方法はインターネットか電話にて。3ヶ月先まで予約可能です。

スポンサーリンク

入場には予約が必要です(予約優先制)

2016年1月より、博物館やショップ・レストランのみご利用の方も、場内見学予約が必要となりました。予約なく来場すると、場内混雑時には入場できません事前に予約しましょう!

どんなツアーか?

受付を済ましたら、50人づつ1人のガイドと一緒に見学します。まずは製造ラインをガラス越しに見学。CGで製造工程を見たり、発酵・蒸留箇所では香りを感じることもできます。お子さんやアルコールに弱い方は注意!

午前中のツアーに参加すると「リチャー」と呼ばれる樽を焼く作業を見られるかも?繁忙期以外は、貯蔵庫の見学は自分の生まれ年の樽があった!とか探しても面白いです。

最後はお待ちかね試飲コーナーはおつまみ1つ、チョコ1つと飲み物を試飲できます。以前は原酒が多かったのですが、このハイボール人気に火がつく数年前からハイボールを出してます。

白州のみではなく、山崎も試飲可能。シングルモルトウイスキー「白州」の構成原酒(非売品)などを試飲。その時によって違います。もちろん、未成年やハンドルキーパーには「サントリーの天然水」や「なっちゃん」が出てきます。

飲み終わったらお代わりも可能ですが、だいたい2杯くらいにしておきましょ。つわものは4-5杯いってます。

白州蒸留所のここが凄い!

  • 工場は尾白川沿いにあり工場周辺の森林の整備にも力を入れてます
  • 敷地内のBARでは高価なウイスキーが安価で試飲できます
  • SHOPはグラスからビンテージなウイスキーまで販売
  • 蒸留所内の遊歩道は鳥のさえずりと緑萌える素敵な小路
  • ウイスキーグラスのプレゼントもあり ※HPや施設付近で配布のパンフレット参照
  • 有料の非売品でのテイスティングセミナーなども開催

施設内にはこんな店舗や資料館があります

BAR 白州

世界の五大ウイスキーや蒸溜所限定ウイスキーなどの有料試飲ができます。記念にお気に入りの一杯を見つけて帰りましょう!「BAR白州」のカウンターは、銀座にあった老舗バー「うさぎ」で実際に使っていたものだそう。

営業日:4月~11月の土・日・祝(休業日をのぞく)営業時間10:00~16:30(ラストオーダー16:00)の夏休み期間中は平日も営業

※五大ウイスキーとは?
日本、アメリカ、スコットランド、カナダ、アイルランドの5カ国が世界的なウイスキー生産国として知られ、「五大ウイスキー」と呼ばれています。各国独自の風土に合わせた製法を発展させ、個性的なウイスキーを生み出し、世界中のウイスキーファンを魅了し続けています。

バードサンクチュアリ

白州蒸溜所内には「バードサンクチュアリ(野鳥の聖域)」が設けられています。森の中をゆっくり散するのもお勧めです。木の爽やかな香りに気分もリフレッシュ!白州蒸溜所の熟成庫に眠るウイスキーも、この清々しい森の空気を樽の板を通して吸い込んでいます。

ウイスキーにも溶け込んでいる森の香りを堪能できますよ。また毎月第2・第4日曜日の午前8時から約2時間ほど、バードウォッチングができる野鳥の観察会「探鳥会」も実施。会費は無料で申込も不要。 バードサンクチュアリ:午前9時半から午後4時半まで

サントリーウイスキー博物館

1階から3階・展望階とあり、日本のウイスキーづくりの歩みを振り返る展示やウイスキー誕生に関する貴重な資料が見られます。NHKの朝の連続テレビ小説「マッサン」好きにはたまらない「赤玉ポートワイン」の貴重な資料を見られますよ。

現代のジャパニーズウイスキーが、どれ程凄いのか受賞のプレートなどを見ることができる博物館です。ツアーの合間に行きましょう!

ファクトリーショップ白州「IN THE BARREL」

敷地内のショップは2つあり、駐車場に1つ。受付付近に1つあります。(駐車場の店舗は簡易店舗)店内はショットグラス・切子・ウイスキーグラスから、ウイスキーにぴったりなお菓子、おつまみの販売。

使用済みの樽を利用した箸やプランターが販売されてます。なかでもお勧めなのは、蒸留所限定の原酒の販売や35年くらいのウイスキー。お宝を見つけた気分でわくわくします。

営業日:2015年4月4日(土)~11月29日(日)までの土・日・祝 営業時間10:00~16:30 夏休み期間中は平日も営業

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
白州蒸留所は世界に類を見ない大自然が育んだ「森」の蒸留所。「サントリー 南アルプスの天然水」でもおなじみの日本の名水で仕込んだ「シングルモルトウイスキー白州」の試飲ができるガイドツアーがおすすめです。

山崎蒸留所と何が違う?

山崎蒸留所の方が、ひっそりという印象を受けました。大阪市内から電車でそう遠くないのですが、こちらは周りは森ではなく、京都と大阪の境の田舎といった印象。

展示物については、山崎蒸留所の方が個人的には好きですね。原酒の瓶もぎっしり展示していて写真を撮るのも楽しかったです。

ただ、白州蒸留所全体の雰囲気の方が良いです。山梨と長野の境にあり川沿い、しかも水もキレイ。蒸留所受付までの小路も素敵で大好きです。

関東に住んでる方は、山崎蒸留所に行くのも大変ですが、比較的近くにサントリーのビール工場もあり、プレモルを試飲できます。お出かけの際はハシゴするのも良いですね。

しかし、泥酔の方は、入場もお断りされますので気を付けてください。